復活のシナリオ

復活までの「一時しのぎ」の方法

日本では、一度何か問題をおこしてしまうと復活するのが困難だと言われます。

今、何かしら不遇な状態に置かれて悩んでいる方の中には、「過去の失敗から軌道修正することができずに現在に至った」というような感慨をお持ちの方がいらっしゃるでしょう。
確かに、日本社会を生き抜くことは線路のうえを走る電車として生きるようなものです。脱線してしまえば、なかなか線路に戻ることができません。

ただし、「一度失敗したら絶対に、何をしても一生立ち直れない」などということはありません。

たとえば、「ブラックリスト」に載ってしまうとされる自己破産のようなヘビーな失敗も、取り戻すことができます。

“ブラックリスト”に載っても復活できる

借金で首が回らなくなる、などの理由で自己破産を選択すると、その後少なくとも5年間、銀行や消費者金融といった金融機関が審査のために利用する信用機関に情報が残ってしまいます。

俗に「ブラックリストに載る」というのは、CICやJICCといった信用機関に情報が登録されてしまうこと をいうのです。

しかし、信用機関による5年間の登録期間を過ぎれば(銀行が信用情報を取得するために使う「全国銀行個人信用情報センター」には10年間)、「ブラックリスト」に縛られて審査が通らないという状況からは解放されます。

「過去の失敗で二度とお金を借りられなくなる」ということはありません。
少なくとも、「今日、明日のお金を用意することができなくて最悪の状態に陥る」ということはないのです。

ちなみに、「ブラックリスト」には借金の記録やクレジットカードの延滞記録なども細かく記載されますが、それらの記録も最短5年で抹消されます。

“喪明け”までの一時しのぎ

とはいえ、復活のとき(俗に「喪明け」といわれます)を迎えるまでには、失敗をしてしまったときから数えて5年間は期間があるわけで、その間は何とかしのいでいく必要があります。
現金をスグに用意しなければならないが手持ちがない、という状況に陥ったとき、ピンチを回避するための方法を知っておかなければいけません。

その方法こそが、当サイトで取り上げているクレジットカード現金化です。

クレジットカードのショッピング枠に残高が残っていることが利用の条件になりますが、現金化を利用するためには業者による審査を受ける必要はありません。

過去の失敗を理由に利用が断られるということはなく、カードを持つ人なら誰もが当座の現金を手にすることができます。