クレジットカード作成で気を付けること

現在のクレジットカードの発行会社はほとんどが銀行系

クレジットカード現金化のサービスは、基本的にはどんなクレジットカードを使っている方でも利用できます。
カードのショッピング枠の残高がある限り、現金化業者を利用して現金を手にすることができます。

ところで、そんなクレジットカードは現在、「銀行系が多くなっている」という傾向にあります。

銀行の子会社、グループ会社として存在するクレジットカード会社が発行しているカードのことで、日本では発行されているすべてのカードのうち、40%以上がこの系統のカードだといわれています。

そもそも、クレジットカードはアメリカ生まれの「VISA」「MasterCard」「Amex」「Diners Club」、そして日本生まれの「JCB」という5つの代表的な国際ブランドがもとになっています。

銀行をはじめ、消費者金融や信販会社などが国際ブランドと提携してカードを発行しており、たとえば大手銀行のひとつである三井住友銀行を擁する三井住友フィナンシャルグループが「親元」になっているカード会社、三井住友カード株式会社が発行しているカードには、「VISA」「MasterCard」「JCB」と提携したものがそれぞれ存在します。

一元化、統合化の中で

現在は国際ブランドが銀行などと提携したクレジットカードが隆盛を誇り、中でも多くの利用者が銀行系のカードを利用していますが、かつてはブランドが直接発行するクレジットカードも存在していました。

日本国内で使えるカードを直接発行する大小さまざまなブランドがありましたが、現在では多くの国内ブランドが5つの国際ブランドのいずれかと提携しているスタイルが一般的になっています。
ブランドが直接クレジットカードを発行するということは、いくつかの例外を除いてほとんどなくなっているのが現状です。

また、消費者金融系(サラ金系)のクレジットカードも、現在では元をたどると銀行に行きつくという状況になっています。
銀行や消費者金融が属する近年の金融業界は、一元化、統合化が進んでおり、たとえば国際ブランドの「MasterCard」と提携したクレジットカードを発行している大手消費者金融のアコムは、三菱東京UFJ銀行を擁する「三菱UFJファイナンシャルグループ」の傘下にあります。

一見「消費者金融系」のカードに見えても、実際の資本は銀行が握っている、というパターンも少なくないのです。

銀行系のクレジットカードは、銀行という信頼性が高い金融機関が発行しているということで、所有する人は一定のステータスを得ます。

だからこそカードを作る際の審査は少し厳しめになっているようです。
これからクレジットカードを作るという方は、その点に気をつける必要があるといえるでしょう。