現金化の心得 申告内容は絶対ウソをつかないこと

申告内容には正直に答えて信頼を得ましょう

クレジットカードを現金化する場合、審査はありません。

しかし、現金化では審査が無いですが、現金化業者へ申告する内容はウソなくきちんと答えて信頼を得ることができなければ、いくらカードを持っていても現金化をしてくれない場合があります。

金融会社や銀行ローンでお金を借りる場合は、あなたの履歴を審査され、返済能力があるかを判断されますよね。
その能力に合わせた金額を、金融会社は貸してくれるでしょう。

金融会社から提示された書類にあなたの年収や勤務先などの個人情報を記入した後、数日後に審査結果がわかりますが、数日またされたあげくに良い結果を得られることはあまりありません。

このご時世、「借り入れること」はとても困難な時代になっているのです。

借り入れは難しい時代

前述したように、金融会社や銀行ローンで「借り入れること」は審査がある上にとても待たされることとなります。

しかし、クレジットカード現金化の業者は「貸金業」ではなく、あくまで商品の買取を行う「古物商」というカテゴリーの業者となるため、金融会社のような審査はありません。

業種のカテゴリー上、審査は行わないのですが、やはり大事な「 お金 」が絡む仕事にはなりますので、スタッフとお客様の『 信頼関係 』がとても大事なのはお分かりいただけるかと思います。

・・・あなたがお金を貸す立場だった場合、信用できない人にお金を貸すのは嫌じゃないですか??

友達とのお金の貸し借りで、借用書を交わすことはあまり無いと思います。
それは信頼関係があるからこそですよね。

申告内容は、『信頼』への架け橋!

クレジット現金化業者も同じように、あなたを『 信頼 』できるかどうかが大きな判断材料となります。

初めて対応するあなたを『 信頼 』できるかどうかを判断するには、判断材料となる『 あなたからの申告内容 』をくまなくチェックします。
むしろ、現金化業者からすれば申告内容しかあなたを判断する材料無いと言っても過言ではありません。

そのような大事な申告内容にウソを書いた日には・・・・。

はい、もう言うまでもないですよね。
信頼関係が築けなくなってしまします。

申告内容にはきちんと答えて信頼を得るようにしてください。
いくらカードを持っているからと言っても、取引ができない場合がありますので、注意してくださいね。

申告する内容の項目とその意味は?

では現金化にあたり、業者へ申告する内容とはどのような項目があるのか確認していきましょう。 ほとんどの現金化業者は以下の項目を聞いてくるでしょう。

  • あなたの名前(クレジットカード名義人と同一)
  • あなたの生年月日
  • あなたの住所
  • あなたの連絡先(あなたと連絡が取りやすい電話番号が好ましいです)
  • 身分証明書の提出

以上の5項目を、把握しておいてください。 まれに、「 あなたの勤務先 」を聞いてくる業者もありますが、現金化に必要な項目では無く、答えなくても大丈夫なのでご安心ください。

『 身分証明書 』の提出と聞くと、一瞬身構えてしまう方もいるのではないでしょうか。 では、なぜ身分証明書が必要なのか説明しておきますね。

  • 現金化の業者は「貸金業」ではなく、あくまで商品の買取を行う「古物商」というカテゴリーの業者だから

・・・と言うこととなります。 どう言うことかと言うと、現金化の業者は「古物商」となるので、中古品の買取りに際し身分証明書の提示が無ければ買い取ることができないのです。

皆さんも、古本屋などに本を売りに行った時、身分証明書を提示しましたよね。 それと同じです。

また、身分証明書を提示してもらうことで、クレジットカードが本当に本人のものであるかの判断、不正利用の防止の為に必ず確認を行います。

現金化業者への身分証明書の提示方法ですが、スマホのカメラで撮影後送信するか、メールかFAXで送ることとなるでしょう。

以上の説明で、なぜ身分証明書が必要なのかお分かりいただけたかと思います。

申告内容にウソをつかないことがとても大事ですが、身分証明書の提示もとても大事です。 身分証明書が提示できなければ、現金化業者からは信頼されません。

すなわち、現金化ができませんのでご注意ください。

なんでも正直に答える!・・は、間違い?!

これらの説明で、業者へはウソ偽りなく申告することと、身分証明書を提出することが分かったかと思います。

しかし、業者へなんでも正直に答えることが正しいとは限りません。
ごくわずかですが、当ページで紹介した個人情報以外の情報を聞こうとする業者も存在します。

関係無い情報には答えないで

例えばですが、あなたの家族についてや、職場の電話番号など、クレジットカード現金化に関係ない情報を聞き出してくる業者には注意してください。

少しでも疑問に思ったことは、「なぜその項目に答える必要があるのですか?」と正直に質問すると良いでしょう。

なんでも答えてしまうことで、あなたの個人情報が悪用されたり思わぬところで個人情報が流出してしまうかもしれません。

もし執拗に聞いてくる場合は、その業者は悪徳業者の可能性があるので利用しない方が安全です。

どの現金化業者を選べばいいのか分からなくなってきた方は、当サイトで紹介している現金化業者をご利用されることをおすすめ致します。

現金化の大手であり、ユーザーからは安心して利用できると評判が良い業者のみを掲載しております。

初めて現金化を利用する方はとても緊張するかと思いますが、スタッフも丁寧に対応してくれますのでご安心ください。