個人情報が一元化された金融業界の今

金融業界の個人情報の一元化の功罪

現在、日本には銀行や消費者金融といった金融機関が存在し、お金が必要な人は所定の手続きを踏めば利用できるようになっています。
「会社の事業資金を得る」という大きな事柄から、「生活費やちょっとした遊興費を得る」というささやかな事柄まで、金融機関を利用する場合の理由はさまざまです。

このとき、金融機関はサービスを提供するか否かを決定するために審査を行います。

利用を申し込んできた会社や個人の情報をチェックし、「お金を貸しても大丈夫な相手か」ということを徹底的に確認します。

個人の場合、お金に関する「信用情報」を一定期間保存している信用機関が活用されています。
CIC、JICCといった信用機関によって管理されているのは、過去の借金、自己破産などの個人情報です。
クレジットカードを持っている人の延滞情報なども細かく載っています。

個々の銀行や消費者金融がそれぞれの姿勢を持っていますが、それらの情報はどちらかと言えばプラスには働かないでしょう。
「過去に自己破産してるから」「クレカの延滞をした過去があるから」という理由で、金融機関から利用を断られてしまうパターンは少なくありません。

現在はどの金融機関もCIC、JICCを利用していますから、人によってはどこに行ってもお金を貸してもらえない、という場合があります。

信用機関の役割

すべての金融機関が、CICやJICCを通して個人の信用情報を共有している状態では、「助かったかもしれないのに助からなかった」ということが往々にして起こってしまいます。

これは金融機関を利用する側にとっては大きなデメリットだといえますが、もちろん、このような個人情報の一元化の流れにはメリットも存在します。

たとえば、信用機関が存在するおかげで、銀行や消費者金融は信用できる相手に対して、安心してお金を出すことができます。
信用情報に傷がない人は、堂々と希望する金額を告げて借りることができるのです。

ちなみに、クレジットカードの支払いの延滞や自己破産といったマイナスの個人情報は、時が経てば信用機関の履歴から削除されます。

CIC、JICCでは支払いの延滞、自己破産といった問題が解決してから5年後に、記録を抹消するシステムになっています。