クレジットカード現金化の落とし穴

クレジットカードを持っている方なら常識として、キャッシング枠は「お金を借りる機能」

ショッピング枠は「買い物ができる機能」として知らない人は居ないと思います。

しかし、意外と知られてないのが買い物をするためのショッピング枠を利用してキャッシングのように現金として活用できるキャッシュカード現金化

一見とても便利なように思えますが、現金化するにあたって利点と共に様々なリスクや危険性があることも知っておかなければなりません。

危険性があるといってもクレジットカード現金化自体が危険なサービスというのではありません。

悪質な業者や、これまでの法律的な見解など様々な点について注意するということだけなのです。

様々な危険性をあらかじめ知ってさえいればリスクを回避することが出来るので、そのために現金化の危険性を理解しておきましょう。

クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

まず第一のリスクとして、クレジットカードが利用停止になる恐れがあるということです。

クレジットカードの会員規約は、ブランドによって変わりますがそれほど内容的に変わるわけではありません。

しかし全てのカード会社の会員規約には禁止事項注意事項が定められており、会員規約の中で換金目的によるクレジットカードの使用は禁止されているのです。

なので、クレジットカード現金化も不正利用となる規約違反とされています。

つまりカード会社が現金化行為を認めるということは無いということです。

確かに過去にクレジットカード現金化は違法と判断されて摘発された判例があります。

しかし、この判例はあくまでも一部の悪徳業者のみが行っている行為という見解があります。

例えば全ての現金化業者が違法であるならば、摘発することも可能なはずなのにされておらず、多くの現金化業者が未だに運営しているということは、ほんの一部の違法な業者が逮捕されただけなのです。

つまりきちんとした取引を行っている業者は合法ということになります。

もちろん、商品などの買い取りを行う現金化業者の摘発例はないので法律的にも問題ないと言えます。

それに対し、現金化ユーザーは会員規約違反というのは免れない行為になってしまいます。

しかし会員規約というのは法律ではありません。現金化を頻繁にしていたとしても違法性は全く無いのです。

逆に現金化だとしても返済さえきちんとしていれば、クレジットカード会社からすれば上客ともいえるのです。

ポジティブに考えれば、クレジットカード会社はカードが利用されて利益を生み返済もきちんとされる。

現金化業者は利用されれば利益が上がる。

現金化ユーザーはショッピング枠を現金化できて返済もできる。

このように上手く回るビジネスモデルといえるのもクレジットカード現金化の特徴ともいえます。

悪徳業者の悪質すぎる手口

第二のリスクとして上げられるのが悪徳業者の存在です。

これまで現金化を利用されてきた方の中で最も相談件数が多いのがお金に関するものです。

万が一悪徳業者に当たってしまうと、本来の目的である現金を手に入れることが出来ないだけではなく、それだけでは済まない例もあります。

・現金化ユーザーに決済させるだけさせて、現金のキャッシュバックしない。

・ホームページなどに記載された手数料とは違う法外な手数料を要求してくる。

・顧客情報を売買されてしまう。

など恐ろしい話ばかりですよね…。

悪徳業者を見抜く方法

しかし、現金化するにあたってその手口を知ることによって悪徳業者を見抜いて回避できなければなりません。

そして優良な現金化業者を見抜く方法ももちろんあります。

その一つとして口コミやホームページをチェックするというのがあります。

そんな事かと思う方も多いと思いますが、ホームページをチェックする点をしっかりと知っていれば悪徳業者を見抜くことも可

能なのです。

換金率95%などと言った謳い文句などは、鵜呑みにしてはいけません。

実際の換金率の相場は80%前後と言われているので極端に高い換金率の表示には注意しましょう。

もう一つの見抜く方法は電話で問い合わせするということです。

気になる点を電話して業者に問い合わせするのも有効な手段です。問い合わせ時の対応である程度の良し悪しは分かります。

そして最後に注意する点としては、ホームページに業者の所在地などが記載されていない場合などはかなり危険だともいえます。

簡単にいくつかのリスクを紹介してきましたが、共通して言えることは優良業者を選ぶことと言えます。

その為には下調べは必ずしておきましょう。