銀行は冷徹・・

銀行は「曇り」の時点で回収に乗り出す

金融機関を利用してお金を借りる場合、必ず「返済」をしなければいけません。

もし返済が滞るようであれば、金融機関はさまざまな方法を使って「回収」に乗り出します。
ここでは、特に「銀行」の回収について取り上げます。

隙を見せれば即、回収

たとえば銀行ローンを利用した際には毎月利子付きで返済していきますが、経済的な状況が一時的に思わしくなくなって1、2回返済が遅れたりしてしまうと、銀行は即、回収に向けて動きはじめます。
具体的には、銀行が業務を委託する債権回収業者が登場します。 月々の返済ではなく、一括の全額返済を求めてくるのが債権回収業者の特徴です。

たった1、2回の延滞でも、銀行は「この人は経済的に苦しいのかもしれない」と考えます。
そのうえで、「月々の返済を気長に待っていると損をするかもしれない」と判断して、全額返済を求めてくるのです。

雨が降る前の「曇り」の段階で、早々に判断するというのが、銀行のやり方です。

誠意ある対応がカギ

もちろん、同じ借入金の回収でも、テレビドラマで見る闇金の取り立てのような「怒鳴り声」「暴力」「家族や勤め先に迷惑」などというような、無茶苦茶な回収は行われません。

まっとうな金融機関がそのような行為に及ぶことを、法律は固く禁じています。

しかし、だからといって「催促がぬるい」とか、「何なら返済をごまかせる」ということもありません。

彼らは数字の計算にかけてはプロフェッショナルであり、優れた調査能力を持っています。さまざまな公的制度や法律を利用して回収を迫ります。

どうしても力が足りずに返済が滞ってしまうという場合の救済措置はありますし、無理なく少しずつ解決していくことも可能なので、しっかり向き合い、誠意ある対応をすることを心がけましょう。

より便利なのはクレジットカード現金化

クレジットカード現金化によって現金を用意する場合、もちろんカードをショッピングに使っているので、その分のお金をカード会社に返済する必要があります。
しかし、クレジットカードのショッピング枠の金利は銀行が設定する金利よりも低いので、より返済がしやすいでしょう。

また、カード会社は銀行ほどせっかちではありません。

もちろん返済が遅れることはよくありませんが、銀行を相手にするときよりは余裕を持つことができるでしょう。