クレジットカード現金化の豆知識

クレジットカード現金化の豆知識

給料日はまだまだ先。

消費者金融は利用できない。

友達や家族からの借金もアテにできない。

そんな三重苦の状況でもすぐにまとまった額の現金を用意できる便利なサービスこそ、クレジットカード現金化です。

クレジットカード決済で購入した商品を業者に買い取ってもらえるサービスで、スマホや携帯からでも簡単に申し込みができます。
ここでは、より充実した利用のために役立つ豆知識をまとめてみました。

悪質業者にご注意!

現金化の業者の中には、ピンチから脱却したいという方の切実な悩みにつけこんで、不当に甘い汁をすすろうとする悪質業者が存在します。

たとえば、手続きをきちんとしたのに現金を振り込まないといった事例があります。

もちろん、きちんと現金を振り込んでくれる優良業者も存在します。
だからこそ必要になってくるのは「優良業者」と「悪質業者」の見分け方を知ることです。

見分け方その1 『サイトをチェック』

業者のサイトには「会社概要」というページがあります。このページで、「所在地」「責任者名」「連絡先」といった項目に注目してみてください。そもそも項目が存在しなかったり、連絡先の電話番号が固定電話ではなかったりする場合、悪徳業者の可能性があります。
きちんと記載されているところを選ぶだけでも、騙される可能性がグッと減ります。

見分け方その2 『手続きの内容をチェック』

現金化の手続きを進める中で、「審査が必要なので審査料を振り込んでください」と言われたりした場合はレッドカード確定です。
クレジットカード現金化業者は「貸金業」ではなく、あくまでも商品の買取を行う「古物商」というカテゴリーの業者であり、審査は本来不要です。 この場合は、お金を騙し取るうえに審査料まで取るという小ずるさが悪質業者にほかならないので、要注意です。

見分け方その3 『電話対応をチェック』

申し込みや問い合わせを電話でしてみることで、優良か悪質か見分けることが可能です。
お客様第一でサービスを提供するべき「業者」を名乗るに値しない、威圧的な言葉遣いや礼儀知らずな態度が垣間見えるような対応があった場合、適当なところで電話を切りましょう。

以上3点のうち1点でも気になることがあるなら、その業者は悪質であると見なして問題ないでしょう。
わざわざ悪質業者に引っかかりに行く必要はありません。
上記の3点を参考にして業者を探しましょう。

少額の現金化も可能!

現金化のサービスについて、なぜか1万~2万円程度の少額では利用できないと思っている方がいらっしゃいます。

現金化は20万、50万というような大きな金額のお金を用立てるために使うサービスと思い込んでいる方が少なくないようです。
確かに業者によっては「5万円以上」と下限を設けているところもありますが、「1万円の現金化も可能」という業者も少なくありません。たとえば、「結婚式のご祝儀3万円を用意するため」といった場合の利用も可能となっています。

少額での利用が可能な旨はサイトに明記されていますし、電話で問い合わせてみると答えてもらえます。
「ちょっとしたお金を用意したい」という場合には、ぜひチェックしてみてください。