銀行も裏稼業が??

銀行のローンよりクレカ現金化を活用しよう!

お金を用意しなければならなくなったとき、利用できるのが金融機関です。
銀行や消費者金融といった金融機関では、後の返済を条件にお金を都合してくれます。

返済の際に元金につける利息が、金融機関の利益となります。その利益を得るために、銀行や消費者金融はサービスを提供しているわけです。

中でも銀行が個人向けに提供する「個人ローン」は基本的に用途自由のサービスになっており、利息が安く済むので理想的と思われがち です。個人ローンは、消費者金融などでお金を借りるよりも安い金利が設定されています。

ただし、個人ローンは審査が厳しめに設定されているというデメリットがあります。
用意すべき書類が多く、時間がかかるというのが特徴です。
審査の結果が出るまで1週間ほどかかるというケースも少なくありません。

また、銀行にとってみれば「利息が安い=利益が少ない」ということなので、より金利が高いかわりに審査が早い銀行カードローンをおすすめする傾向にあります。

上記のような理由があるので、特に「急いでお金を用意しなければならない」という事情を抱えている人の多くが、同じローンでも銀行カードローンを選び、あるいは消費者金融を選んでいるというケースがあります。

手続きの早さを優先し、個人ローンよりも高めの利息はガマンして支払っているという状況があります。

ちなみに、近年では大手銀行が消費者金融を傘下に収めているケースが多く、消費者金融に収める返済額と利息が生み出す利益は、結局のところ銀行にも流れている、という状況になっています。

要するに、現在では銀行そのものが個人に対する融資を行うのではなく、カードローンや消費者金融のキャッシングサービスを通して融資を行うというスタイルにシフトしているのです。

クレジットカード現金化なら利息ゼロで利用できる!

銀行や、現在では銀行の「二次組織」として金融サービスを提供している消費者金融を利用して現金を用意するよりは、クレジットカード現金化業者を利用してショッピング枠を現金にしたほうがお得です。

クレジットカードでショッピングを行った際、返済するときの利息は「年間15%」が基本です。
この利息は銀行カードローンの利息(年間14~17%)と大体同じですが、クレジットカードのショッピング枠の場合は、「翌月の一括払いやボーナス一括払いなら利息ゼロ」という大きなメリットがあります。

つまり、特に「翌月以降にまとめて返せるアテがある」という場合は、クレジットカード現金化のほうがお得なのです。
お金が必要になった場合は、ぜひお手持ちのクレジットカードを活用してみてください!