クレジットカード現金化はグレーゾーンの世界?

クレジットカード現金化はグレーゾーンの世界

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得るという方法は非常に便利ですが、たとえば「現金がちゃんと財布に入っている」「銀行口座にある」「親にいえばお金が出てくる」という場合は使わないようにしましょう。

あくまでも、これは最後の手段として利用すべき方法です。

カード会社にバレたらアウト

カード会社のスタンスは「ショッピング枠は買い物に使うべし」です。

そのスタンスをもとに利用規約を定めており、たとえば「転売目的のショッピング」は規約違反になってしまいます(しばらく使ったあとでリサイクルショップなどに売るのは個人の自由です)。
規約違反と判断されれば、カードは利用停止。

少なくとも数年間はクレジットカードを作ることができません。

この理屈でいえば、業者が指定する商品を購入し、スグ業者に買い取ってもらうというクレジットカード現金化は、カード会社の規約に照らせば完全なる違反ということになります。
何らかの理由でそれがバレてしまった場合は問答無用の利用停止が待っています。

規約違反だが法律違反ではない

上記のように、カード会社にクレジットカード現金化を利用したことがバレたらアウトですが、裏を返せば「バレなければセーフ」ということになります。

また、確かにクレジットカード現金化の利用はカード会社の規約違反にあたりますが、何かの法律に違反しているというわけではありません。

法律は、転売目的で物を購入すること自体を罰することはできないのです。

数件、悪質な現金化業者が警察に検挙された例はありますが、少なくとも利用者が逮捕されたり刑を科せられたりしたことはありません。

とはいえ、銀行や消費者金融などが存在する中で、あえてカード会社の利用規約で禁じられているショッピング枠の現金化を行うことが好ましいと思われているわけではありません。

  • 規約違反だが、厳密には法律違反とは言えない。
  • 法律違反ではないが、決して好ましい行為ではない。

これが、クレジットカード現金化がグレーゾーンといわれる理由です。
この方法はあくまでも裏ワザであるということを、私たちは肝に銘じておかなければならないのです。