クレジットカードの実態

クレジットカードの知られざる実態

ここではクレジットカードの作り方、そして知られざるクレジットカードの実態について取り上げたいと思います。 便利なクレジットカード現金化を利用するために、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの作り方

近年ではフリーターや主婦の方でも作れるカード、18歳以上の学生さん(高校生不可)でも作れるカードが登場しており、より多くの方がクレジットカードの利便性を実感できる時代になっています。

とはいえ、今も多くのカードはきちんとした仕事を持って安定した収入を得ており、住所が定まっている方が申し込んではじめて作れるものとなっています。
クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をするにせよ、キャッシング枠を使ってATMでお金を下ろすにせよ、そのお金はのちのちカード会社に返済しなければいけません。
収入と住所が重要視されるのは、「返済能力があること」「借り逃げ(夜逃げ)の心配がないこと」をクレジットカード会社が判断するためです。

さて、クレジットカードを作るには、カード会社に申し込みをする必要があります。「郵送申し込み」「ネット申し込み」の2つの方法が利用できます。
いずれの場合も、「氏名」「住所」「年収」「勤務先」といった情報を記入し、運転免許証など身分証のコピーを付けて申し込みます。

カード会社がそれらの情報をもとに審査を行い、パスした方は晴れてカードを持つことができるという仕組みです。

クレジットカードの審査基準

カード会社の審査にパスしなければ、クレジットカードは持つことができません。

「返済能力がある」「住所がはっきりしている」と判断されれば大抵はパスできますが、場合によってはきちんとした家に住み、仕事もしていると申込書に記載しているのにパスしないことがあります。
たとえば、住所や勤務先としてデタラメを書いた場合は、即刻アウトです。カード会社は審査にあたって徹底的な調査を行い、申込書に書かれた内容をすべて調べ上げます。

また、過去に借金があった方や、過去に持っていたクレジットカードで延滞をくり返していた方などは、それが理由でハネられてしまうことがあります。

カード会社は、個人の金銭関係の情報をまとめているCIC、JICC(旧CCB)といった「信用情報機関」を使って、申し込みをした方の「信用情報=金銭的にきちんとしているか否か」をチェックします。その結果が、審査に反映されるというわけです。

ただし、過去の借金、延滞といったマイナスの記録は、借金の完済や延滞の解決から5年後には消滅する仕組みになっています(自己破産の場合は10年以内)。

CIC、JICCは本人からの問い合わせを受け付けています。
クレジットカードを申し込むにあたって、信用情報の内容や借金完済から何年たったかという情報を確認したい場合は、ぜひ利用してみてください。

もう少し待ってから申し込んだほうが受かりやすい、ということがあるかもしれません。