キャッシュフローとの戦いに勝つには

会社も個人も毎月のキャッシュフローとの闘い!

「キャッシュフロー(Cash Flow)」とは、直訳すると「お金の流れ」となります。
主に会社経営の分野で使われる言葉です。

会社がさまざまな経済活動を行って利益を得たり、従業員に給料を支払ったり設備投資で経費を使ったりして、お金が流入・流出することを指しています。
キャッシュフローが正常でなければ会社というものは成り立ちません。
特に、流入するお金が少なかったりまったく存在しなかったりすると、流出ばかりが増えてやがて枯渇してしまいます。
そのため、会社組織はどこもキャッシュフローをしっかり管理しています。流入が減った場合には流出を抑えたり、さまざまな方法で資金繰りを行ったりしているわけです。

個人もまた同じです。

人が生きていくためには衣食住を充実させる必要があり、そのためには家賃や光熱費、食費が必要です。
支払いばかりを続けていてはやがて底をついてしまいますから、経済活動をしてお金を手に入れなければいけません。

お金の流入・流出を表すキャッシュフローは、よく「血液の流れ」にたとえられます。
人間の体は、血液が正常にめぐらなければ生命を維持できません。流入と流出のバランスが崩れ、流出ばかりになれば、人は出血多量で死んでしまいます。キャッシュフローは会社の場合も個人の場合も、死活問題に直結しているということなのです。

“血をめぐらす”ための方法

絶えずお金を流出させなければ生活していくことができない私たちは、その分だけお金を流入させるために、さまざまな経済活動を行います。「働いて給料を稼ぐ」というのが経済活動の最たるものですが、それでは間に合わない場合もあります。

「給料だけでは今月を乗り切ることができない」

そんな場合には、「働く」以外の経済活動が必要です。クレジットカード現金化は、まさしくそこで役立つものだといえるでしょう。
現金化は面倒な審査などもなく、カードを持つ人なら誰もが手軽に行えます。急場をしのぐにはうってつけの方法です。
今月、キャッシュフローとの闘いに苦戦しているという方は、活用してみてはいかがでしょうか。

足元にも目を向けることを忘れないで

明日を、今月を生き抜くことが最重要

子どもの頃から「将来の夢」を考えさせられ、「千里先に目を向け、未来を思うことが大事だ」などと言われると、ともすれば足もとに目を向けるのを忘れてしまいがちになります。
確かに、将来の夢を考えたり、叶えるために努力をしたり、未来の世界に思いを馳せたりすることは大事ですが、「いちばん大事なこと」ではありません。
それは、リストの2番目に記入されるべき事柄なのです。

将来や未来を思うよりも優先しなければならないこと。生きていくうえで最重要となる事柄。
それは明日を、今月を生き抜くための努力をすること。
「千里の道も一歩から」と、昔の人は言いました。
余裕が出てきたら千里先に目を向けるのも良いでしょうが、まずは1歩目、5歩目、10歩目のことを考えなければいけません。
夢を追うのは素晴らしいことですが、夢を追うためにはまず明日の、今月の衣食住を確保する必要があるということです。

明日を、今月を生き抜けないときに・・

「その日暮らし」や「自転車操業」は良くないことと言われますが、それでも背に腹はかえられません。
良くないことだからといって生き抜くことを諦めてしまう。
それはすなわち死を意味します。
明日を、今月を、とりあえず生き抜くために、お金を人から借りたりするのは決して良くないこととは言えないでしょう。

ところで、クレジットカード現金化は「とりあえず生き抜く」ために選べる最適な方法のひとつと言えます。
クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠を使って現金を生み出す方法ですからカード会社への返済が必要です。
しかし、ショッピング枠の返済は翌月以降になるため、ひと時の猶予を生み出せるのです。

たとえば、月半ばにしてお金が尽きて、明日を生き抜くのさえおぼつかなくなってしまったとき・・。
クレジットカード現金化なら、月末に入る給料で翌月以降に返済していけばいいので、ひとまず明日を生き抜き、今月を生き抜く希望が見えてきます。
今まさに「明日のパンを買えない」「今月の光熱費が支払えない」などの理由で悩んでいるという方は、利用してみてはいかがでしょうか。