現金を手にする為の正しい方法を知る

当サイトは皆さんのSOSを受け止める”現金110番”の役割を果たします!

「現金が欲しい!」と望みながら、なかなかその望みを叶えることができない方へ。

「今日か明日中に現金が欲しい。それさえあればすべてが好転するのは目に見えている。だけど・・現金がない。」
そんな状況に置かれている方は、少なくないのではないでしょうか。

「現金を用意する」ということ自体は、何ら難しいことではありません。
いろんな方法が考えられます。
仕事をすればお給料という現金を得ることができますし、日払いのアルバイトもえり好みをしなければたくさんあります。

両親、兄弟、親戚といった人たちから現金を借りるという手立てもあります。
結婚しているなら奥さん、そのご両親もアテにできるでしょうし、お友達に連絡を取ってみるのも良いでしょう。

とはいえ上記の方法は、時として上手くいかないことがあります。
特に今日・明日の支払いに困るような切羽詰まった状況に陥っている場合、物事はたやすくいかないものです。
仕事はない。まわりの人は誰もお金を貸してくれない。そんな、まさしく「絶体絶命のピンチ」と呼ぶにふさわしい状況に置かれている方も少なくないでしょう。

当サイトは、そんな皆さんのSOSを受け止める110番の役割を果たしたいと考えています。
最短でその日のうちに現金を手にするための正しい方法を知り、ピンチを乗り切っていただきたいと思います!

そう、「正しい方法」を知る必要があります。

世の中、特にお金に関しては甘い言葉をかけて困っている人を釣る、悪い人たちが少なくありません。
釣られてしまった先にあるのは、抜け出すことのできない負の連鎖、永遠の悪循環、あがけばあがくほど頭上の光が遠くなって奈落へと吸い込まれる恐ろしい蟻地獄のような状況です。

甘言に釣られて蟻地獄にハマってしまうことがないよう、お金の世界の暗部をきちんと把握しましょう。
当サイトでは、特に『クレジットカード現金化』という方法を中心に、現金を手にする「正しい方法」について案内しています。

ぜひ、参考にしてみてください!

今を生きるための知恵とは。そして最適な方法は?

クレジットカード現金化は、生きるための知恵の一つです クレジットカード現金化は、今この瞬間を生きるための最適な方法

クレジットカードで活路を開け!

クレジットカード現金化はみんなの「駆け込み寺」です!

「今すぐ、喉から手が出るほど10万、20万という額の現金が必要なのに、財布の中身は1円玉とくすんで緑色になりかけた5円玉が数枚・・・。」
そんな絶望的な状況に置かれた人がわが身を救うためにとれる方法には、どのようなものがあるでしょうか?

「仕事で給料(現金)を得る」というのは一見まっとうな意見ですが、この場合には現実的ではありません。

何しろ彼は「今すぐ」現金が必要なのですから、労働しなければ給料が発生しない仕事はアテにできません。
「身近な人に現金を借りる」ということができればいいのですが、身近に10~20万円という金額をポンと差し出してくれる人がいるとは限りません。

同じ「借金」では、CMなどでおなじみの消費者金融を利用する方法もあります。ただしこの場合、事情によっては審査でハネられてしまい、利用できないケースもあります。
もちろん、「審査なし」という甘言で釣って人を蟻地獄に落とす「闇金」は論外です。
にっちもさっちもいかない、首が回らないとはまさにこのこと。
もう、ほかに方法はないのでしょうか・・・。

いいえ、ちゃんと方法はあります!
もしあなたがクレジットカードをお持ちであれば、それを使って「クレジットカード現金化」という活路を開くことができます!

クレジットカードのショッピング枠

クレジットカードには、お店のレジで出すと読み取り機を通して支払いができるショッピング機能、ATMなどを使ってお金を下ろせるキャッシング機能があり、それぞれにあらかじめ金額(枠)が決まっています。

当サイトで取り上げるのは、本来は買い物などで使われる「ショッピング枠」を活用して現金を生み出す方法です。
現金化のサポートをしてくれる業者は多く、街なかに店舗を構えている業者のほか、ネット上でサービスを提供している業者もあります。

現金化業者のサービス

クレジットカード現金化の仕組みは、難しいものではありません。
業者が指定する商品をクレジットカード決済で購入すると、業者がすぐさま商品を買い取ってくれるという仕組みです。
お金は振り込みで支払われることになります。

この方法は、クレジットカードを持っている方なら誰もが利用できる方法です。消費者金融と違ってパスすべき審査などもありません。
また、商品の購入、業者による買取といった手続きはすべてネット上で行うことができるのも大きなポイントといえるでしょう。
時間がない場合でも、すぐに現金を用意できます。

  • 審査なしで利用できる
  • スグに現金を振り込んでもらえる

このようなメリットがあるクレジットカード現金化という方法は、まさしく現金が必要な人のための「駆け込み寺」といっても過言ではありません。

ただし、商品を購入するのに使った金額がそのまま現金になって振り込まれるわけではありません。
業者の手数料として10~30%の手数料が取られるのが一般的です。つまり、現金として受け取れるのは商品を購入するために使った金額の70~90%ということになります。

たとえば、10万円の現金が必要な場合には、引かれる手数料のことも考えて12万円前後の買い物をするといいでしょう。

クレジットカードや現金化の”本当”話やその仕組み

悪徳業者の見分け方を学びましょう 優良業者でショッピング枠を現金化 クレジットカード会社の実態とは?

クレジットカード現金化の功罪

現金化の良い面と悪い面を知る

物事には良い面と悪い面が存在します。
たとえば、背脂こってりの豚骨ラーメンは美味しいですが、健康にいいとは言えません。。
クレジットカード現金化というサービスにも、このような「功罪」が存在します。便利な面もあり、そうでない面もあるということです。
ここでは、現金化を利用する方なら絶対に肝に銘じておきたい「そうでない面」について、まとめます。

クレジットカード現金化の「悪い面」とは?

現金化のサービスの「悪い面」とは、カードが「利用停止」になってしまう場合があるということです。カード会社によって、利用にストップがかかってしまうことをいいます。
カード会社がこのような措置をとるのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという行為を禁じているからです。
「ショッピング枠は、あくまでもショッピングのために使わなければならない」というのがカード会社のスタンスです。

特に、現在のようにクレジットカード現金化の業者が多くなかった時代には、この理由で利用停止になってしまうケースが少なくありませんでした。
利用者が自分で現金化をしてしまい、そのことをカード会社に悟られてしまったのです。
カード会社は常に個々の利用者の情報をチェックしています。
たとえば、金券ショップに売るために新幹線の切符をたくさん購入しているような記録があると目をつけられ、現金化のために利用していると判断されて、利用停止になってしまうのです。

一方、クレジットカード現金化の業者を利用する場合は、リスクを抑えることができます。
特に、「キャッシュバック方式」で現金を振り込んでくれる業者を選ぶことでリスクは回避できます。
これは、業者がオモチャのアクセサリーのような品を10万円で販売し、手数料を引いた8万円を「キャッシュバック」という名目で振り込んでくれる方式です。

この場合は一応ショッピングをしており、商品の転売はしていません。
カード会社の禁止事項に引っかかることがないので、目をつけられにくいのです。

心得るべきコト

クレジットカード現金化は現在のところ明確に法律違反であるとはいえないことですが、「カード会社にバレて利用停止になったら文句は言えない」ということは心得ておくべきでしょう。

カード会社に目をつけられないようにするためには、頻繁に現金化を利用しないことも必要です。
これ以外に方法がない、という場合にだけ利用することでサービスの便利な面だけを享受できるのです。

現金化はどんな時に利用したらいいの?違法性や気を付けることはなに?

クレジットカード現金化がグレーゾーンと呼ばれる理由 毎月のキャッシュフローを円滑にするための方法 個人情報が一元化されたメリットとデメリット クレジットカードを作成する時に気を付けること